Lyustyleの教育ちゃんねる

子どもたちに何かお話をしてあげようというと、大喜びでリクエストされるのが怖い話。

その時に、まともに怖い話をするときまってトラウマになる子どもが出て、夜寝られなかったとか、トイレに行けなかったとかいろいろと言われるので、そこをうまいことやらなければなりません。
最後に「うそだよ〜ん」というのはお約束です。

でも、夜中の教室はこわいですよ。
真っ暗な窓からなにかがのぞいていそうで。

私がまだ若い頃、明日の授業参観のための背面黒板の掲示ができていなくて、夜遅くまで残って子どもたちの絵を貼っていた時のことです。

後ろのランドセル棚の上にのぼって、画鋲と画用紙をうまく操りながら一枚一枚貼っていました。

時刻は23時30分。外は真っ暗。こちらはこうこうと電気が付いているのだから、4Fとはいえ外からは丸見え。というか、そんな時間に教室をのぞく人がいるなんてことはほとんどないだろう。
「じゃ、だれがのぞくんだよう」と心のなかの私がへたれた声をだしています。
そんな時間に、教室で絵を貼っていることのほうがよっぽどこわい。

そんなガクガクブルブルの時に、「ばさっ!」とやたらを大きな音がしました。
「おぅっ!!」
びっくりして後ろを振り返ります。
何もいません。

しかし、私はなにかに見つめられているのがよくわかるのです。
(何・・・何だ? 私はこの歳にして(25歳)、生まれて初めて心霊体験をしてしまうのか?いやだ。これまで私は霊を見るなんていう経験はない。私にはそんな能力はない。だからこれからもぜひ霊が見える人でありたくない!)
なんてことを思いながら、いったい私を見つめているのはだれか、と息をひそめました。

すると、私を見つめているものの正体がわかりました。
その瞬間、わたしは「ぎゃっ!」と叫んで棚から転げ落ちそうになりました。

私を見つめていたのは本だったのです。
ばさっという音とともに床に落ちた本の表紙・・・。
その本の表紙に両目の部分だけ大写しにされた顔。
「恐怖の心霊写真集」という、子どもが持ち込んだ本の表紙に印刷された、「窓に大きく移った霊の顔」という写真でした。

表紙の写真とはいえ、まともに霊と顔を合わせてしまったのです。

もう耐えられません。
まだ画用紙貼りが半分ものこっていたのに、私は速攻で荷物をまとめて後ろを見ずに階段を駆け下りました。本をそのままにして。

驚くべき事に、職員室にはまだ一人の同僚が残っていました。
同僚は私がどたどたと職員室に入ってきたのでびっくりしていましたが、私の話で二人で大笑いしました。

この話は、これまで結構子どもたちにしてきました。
こわいけど、あまりこわくない話だと思うんですが、それでもやはり子どもたちにとってはこわかったみたいですね。
だから、ここ10年位はしていません。

教師を30年もしているとこんな話がいっぱいありますよ。

でも、なぜ風でも地震でもないのに、たくさん本がある中でよりにもよって「恐怖の心霊写真集」が床に落ちたのか、それはなぞです。


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

Evernote先生の第10話をアップしました。

【お話】Evernote先生 江波野徹の一日〜第10話 会議 | 知的生活ネットワーク







手帳やメモの一元化なんていうのは、がしがしうごきまわる教師には無理。
そうでなくて、あれに書いたりこれに書いたりなど、メモを多元化を前提として、その出口を一元化する。すなわちEvernoteに。

というようなことを書いています。

Evernoteが登場する前は、私みたいなメモを一元化できない人間は、そのメモをどこに集約するのか、まいにち四苦八苦していたものです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

始業式で思い出す事がいくつかありますが、そのひとつに「あかちゃんだっこ」があります。

昨日の記事でかいた子どもたちが4年生になる日の始業式。
3年生の仲間とも、そして担任である私ともお別れする日です。
その日の朝は、旧担任として、朝の教室に入ります。
そこで「3年生は楽しかったね。4年生になっても元気でね」とみんなにわかれを述べました。
「さあ、今から始業式があるよ。そのあと、学級編制があるからこれでおわかれだ。みんなろうかにならぼうね」と言って歩き出した時です。

ひとりの女の子がわたしの前に立ちました。
そして言うのです。
「先生、だっこして」

子どもをだっこするというのはとてもすてきなことですが、今の時代は簡単にだっこなんてできやしません。20年くらい前まではさほど気にせず、よく子どもたちをだっこしていました。しかし、今の時代、特に男性が女の子をだっこするなどということは、妙な詮索をする大人にとっては格好の話題の種となってしまうことがあります。だから、近頃は子どもをだっこするというようなことがしにくいのです。

その時も「もうおねえさんになっているのだから、だっこなんて・・・」とことわろうとしました。
しかし、その女の子の目はせっぱつまっていたのです。
私はことわるのをやめました。
「いいよ」といって、その子をだきあげました。
すると、その子が私の首に手をまわし、さらに足までからだにまきつけて、ぎゅーっとだきつくのです。顔は私の胸におしつけてじっとしています。
まさに、あかちゃんのだっこです。
私は、「ああ、必死にお別れをしようとしているんだな」と思いました。
そして、私も抱き上げた手にぎゅっと力をいれてやりました。

しばらく・・とは言っても、おそらく10秒くらいの時間でしかなかったでしょう。
その女の子は、すっと顔を上げると、自分からぱっと床におりたちました。

そしてさっぱりした顔で「先生、さよなら!」といってろうかにはしっていったんです。

こころゆくまでだっこしてもらって、気持ちがふっきれたのでしょう。切羽詰まった顔はなくなり、不安のない、安心した顔になっていたのを思い出します。

子どもは、ぎゅーっとしてやることで安心して後ろを見ずに飛び立っていけるものです。
どこかでぎゅーっとしてやらなければならない子どももいます。

そんなことを、始業式になると思い出します。

その子も、今は高校2年生になっているのですけれども。


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

今日が始業式だった小学校は多いのではないでしょうか。
そして担任発表も。

いつもそうでしたが、担任発表でドキドキワクワクするのは子供達だけではありません。
私の名前が呼ばれた後、子供達からはどんな反応があるのか、しーんとなったり泣き出したりしたらどうしようとドキドキしていたものです。

それでも、若いお兄さん先生の頃は、だいたい毎年、わーっ!と歓声が上がっていたものです。

ところが、ある年、異変が起こります。

去年までは確か歓声が上がったのです。
ところがその年、初めてどよめきを耳にすることになりました。
「こわいよぅ」という小さな声も聞こえました。

私はショックを受けました。

まさか、どよめかれるとは。そして、こわいよ・・・といわれるとは・・・。

ちょうど、受け持つ子供達が初めて自分の息子よりも年下になった年でした。
私自身になんらかの雰囲気の変化が生まれたのでしょうか。
自分の息子よりも小さな子たちを担任するという、ある意味尊大な感情があったのかもしれません。君たちのことはもう全部わかってるんだぞ、というような上から目線的な見方が。

次の年には初めて理科専科となり、担任を離れ、それから8年間ずっと専科のまま年齢を重ねました。

もう自分には担任はないだろうな、どよめかれたままになっちゃったな、と諦めていたある年、私は8年ぶりに3年生の担任となりました。
嬉しさのあまり寝られませんでした。

そして迎えた担任発表。
あのどよめきから10年近くたっています。私もさらにおじさんになりました。
子供達から見れば十分に怖いおじさんです。
どよめかれることも静かに受け入れられる年齢になっていました。

しかし、担任発表で私の名前が呼ばれた時、小さな小さな子供たちは、わーっ‼︎と歓声を上げてくれたのでした。

私はその子供達を大切に大切に育て、4年生に送り出しました。

その子たちも、今年高校2年生です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

おやブログ「知的生活ネットワーク」で、「Evernote先生」を連載(気が向いた時)しているのですが、今回、研究授業にEvernoteを使っている江波野徹先生の話をアップしました。

【お話】Evernote先生 江波野徹の一日〜第9話 研究授業 | 知的生活ネットワーク

教育関係記事は、こちらの方に書くようにしているのですが、Evernote先生だけは、これまでの流れがあるので、「知的生活ネットワーク」の方に書いています。
書いたらこちらで告知します。

教師はEvernoteを使うといいぞ!ということをお話形式で書いている連載ですが、書きためたものがあと4本あります。
それなのに、前回のアップから何ヶ月か開いてしまったのは、残りのお話には子どもがあまり出てこないので、書きたい気持ちが薄れてモチベーションががくんと下がってしまっていたからです。

まあ、新年度になったことだし、心機一転、残りのお話をあげていこうと思っています。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

毎年、3月になるあたりから学級通信を増産していました。
もともと不定期な通信で、時間割やお知らせとは別に出していた勝手気儘な通信です。
不定期とは言っても、週に2回は出していましたから、だいたい年に100数十号は超えていました。

とはいっても、昔は意地でも毎日出す人などがゴロゴロいましたから、大したことはありません。修学旅行の先のホテルでも出していたくらいですから、その意地たるや半端なし。

それでも、私なりによく書きました。ブログなどない時代ですから。

3月になると、書きたいことが何かの曲線のように一気に増えてきて週に2回程度では収まり切らなくなるのです。
一回に2枚くらいは出していましたし、4枚出したこともあります。
修了式の日に6枚出した年もありました。
いい迷惑だったろうなと思います。

子どもがこうしていた、ああしていた、と、なんでそんなに書くことがあるの、というくらい、やはり現場では様々な物語りが並行して進行しています。
それらをあれもこれもキャッチして発信しようと思っていたんです。きっと。

学級通信を書くのが好きでたまりませんでした。
子どもが毎回待ってくれていたんです。別に子供向けに書いてるつもりはなかったんですが。
だから、書くのが好きだったんでしょうね。
ブログ書いて、コメントがついたり、拍手やいいね!をもらえるようなものだったのでしょう。

30年経った今でも、大切にとってくれている人もいます。そういうの聞くと嬉しいですね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

黒板にめあてを書いている間には、早い子どもと遅い子どもとの間にスピードの差ができ、それが隙間の時間となって速く出来た子どもの気持ちを下げてしまうことがあります。

速く書けた子どもが背筋をピンと立てて終わる子どもをじっと待っている様は、見た目には整然としていいかもしれませんが、必ず綻びが出てきます。

ピンと立てられない子どもたちがざわざわとし始めたり、動き出したりします。

こういうことが何時間も積み重なっていくと、そのうち背筋をピンと伸ばしていた子どもたちまでがだんだんとやらなくなってくることがあります。

これは、学級が乱れていく第一歩です。
速く終わった子どもたちにはそれなりの活躍の場が必要なのです。

あるクラスでは、速く終わった子どもが挙手をし、めあてを声高らかに読み上げます。読み終わった瞬間に他の子どもが挙手をし、今読み上げた子どもが次の子どもを指名します。
こうして、活躍させている間に、教師は子どもの進行状況を見てまわることができます。

また、めあてを教師よりも先に書き終わらせるという指導の工夫もあります。

教師はワンセンテンスごとにめあてを言い、それをわざと少しゆっくりと黒板に書くのです。
こうすると、速い子どもと遅い子どもの差がさほどつきませんし、ほとんどの子どもが教師より速く書き終わり達成感を得ることができます。

また、かんのいい子どもの中には、先に自分でめあてを予想して先回りして書いてしまう子どももいます。そういう子どもも、自分が書いためあてが正しかったかどうかわくわくしながら教師が書いていくものを見つめているので、すきま時間にはなりません。

何をしていいかわからないすきま時間をつくってはいけません。
ちゃんと出来ていた子どもたちまでもがほころび始めるのがこわいのです。

テストを出した後、どうするのか。
給食の準備の時間に何をするのか。
帰りの準備の時間を何分でおわらせるのか。

教室では、何をするにも様々な工夫ができます。
そこにやりがいがあります。

 s00050s525a82f521b72
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

1年生の授業をみせていただきました。

グループを作って、あれこれと話をしていました。
それぞれの子どもが、お互いの話を聞き、うなずき、そして自分の意見を述べて、おりあいをつけていこうとしていました。

たった1年前、入学してきたときはそれぞれがしたいことをしていっしょうけんめに主張する、すずめやめだかの学校のような小さな子たちでしたが、それが今やまさに2年生になろうかという風格がでてきていました。

1年間の成長というものは本当に大きなものだと思います。

人が一人で成長していてもなかなかこれだけの成長は見られないと思います。
自分以外の他の「個」とぶつかりあい、わかりあい、作りあっていく中で、自分の「個」がだんだんに作り上げられていくのです。

教育の大事さをみるような思いでした。 

b00099b525aa4e144f07
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

教師は、翌日の授業の準備をするために教材研究を行います。
それをを仕事と捉えるのではなく、「読書」とか「知的のインプット」とか「研究」とかそのような捉え方をすると前向きでより実のあるものになると思いますよという提案です。

事務仕事以外の仕事は全て勉強と捉え、インプットするという意識を持ってやると学びになります。(いや、正確に言ったら事務仕事にも学びの内容は大いにあります。ここでは、話を簡単にするために事務仕事以外としぼって考えています)

多くの教師は無意識でそのようにしており、仕事をしているはずがいつの間にかインプットになっているということが多いと思います。
それを意図的にやることで、こぼれ落ちてしまうことや気づかないで通り過ぎてしまうものを得ることができ、より有効な学習ができるんじゃないでしょうか。

まずは教材研究を仕事と捉えず勉強と捉えるところから始めてみたら、なんだかわくわくします。

ああ、明日の授業の準備をしなくちゃいけないと捉えて教材研究を行うのと、自分の教科指導の技や知識を磨くための重要なインプットの時間と考えて勉強する態度で臨むとではおのずと違いが出てくるはずですよね。

今日は、そんなことを考えていました。
r00086r525aa258e392c

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

・・・帰るときには絶対に厳しく叱らなかった。P85 有田和正先生の 「 人を育てる」より。

有田和正先生の「人を育てる」からです。


叱った後、さっと切り替えて笑い話ができるというのはなかなかできることではありません。

子どもを叱っているうちに、どんどんこっちもヒートアップしてきて「なんだー!」と行き着くとこまでいってしまい、子どもたちの方も先生の怒りをしずめるには一体どうしたらいいのかわからなくなる、というような叱り方をした経験を持つ人も多いのではないでしょうか。


必要な指導、叱りをした後、「さっと」切り替えられるようになったのはずいぶんたってからだったように思います。切り替えた時の子どもたちの安堵の表情、ほっとした顔を見ると、「切り替えられてよかったー!」と内心胸をなでおろしていたものです。


若い頃から心がけて、自分のいらいらが高じていく前に「でも、まあ、・・ね。次からはできたらいいな」みたいにさっと切り替える心の技術を磨いていきたいもんだなあと思います。


子どもが安心して帰途につくことができるような学級では、子どもたちの心が育つと思います。


有田和正先生が、「帰るときには絶対に厳しく叱らなかった」というのはすごく大事なことです。しかられてとぼとぼと家路につく子どもの気持ちを考えたら子どもが愛おしくてたまらなくなります。


でも、私は「絶対に」とはいきませんでした。つい放課後に残して厳しく指導することもありました。

でもひとつ心がけていたことがあります。
ひとしきり指導した後は、「受け止めてくれたかい?」と聴いてあげる。これで子どもはほっとした顔になります。
そしてもうひとつは、その子を校門まで送って行ってあげることです。
これだけはしていました。
有田先生ほどの心の器量を持てなかった私にできる精一杯の後始末でした。

f00085f525aa1ff6ab0c

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

このページのトップヘ