子どもたちに何かお話をしてあげようというと、大喜びでリクエストされるのが怖い話。

その時に、まともに怖い話をするときまってトラウマになる子どもが出て、夜寝られなかったとか、トイレに行けなかったとかいろいろと言われるので、そこをうまいことやらなければなりません。
最後に「うそだよ〜ん」というのはお約束です。

でも、夜中の教室はこわいですよ。
真っ暗な窓からなにかがのぞいていそうで。

私がまだ若い頃、明日の授業参観のための背面黒板の掲示ができていなくて、夜遅くまで残って子どもたちの絵を貼っていた時のことです。

後ろのランドセル棚の上にのぼって、画鋲と画用紙をうまく操りながら一枚一枚貼っていました。

時刻は23時30分。外は真っ暗。こちらはこうこうと電気が付いているのだから、4Fとはいえ外からは丸見え。というか、そんな時間に教室をのぞく人がいるなんてことはほとんどないだろう。
「じゃ、だれがのぞくんだよう」と心のなかの私がへたれた声をだしています。
そんな時間に、教室で絵を貼っていることのほうがよっぽどこわい。

そんなガクガクブルブルの時に、「ばさっ!」とやたらを大きな音がしました。
「おぅっ!!」
びっくりして後ろを振り返ります。
何もいません。

しかし、私はなにかに見つめられているのがよくわかるのです。
(何・・・何だ? 私はこの歳にして(25歳)、生まれて初めて心霊体験をしてしまうのか?いやだ。これまで私は霊を見るなんていう経験はない。私にはそんな能力はない。だからこれからもぜひ霊が見える人でありたくない!)
なんてことを思いながら、いったい私を見つめているのはだれか、と息をひそめました。

すると、私を見つめているものの正体がわかりました。
その瞬間、わたしは「ぎゃっ!」と叫んで棚から転げ落ちそうになりました。

私を見つめていたのは本だったのです。
ばさっという音とともに床に落ちた本の表紙・・・。
その本の表紙に両目の部分だけ大写しにされた顔。
「恐怖の心霊写真集」という、子どもが持ち込んだ本の表紙に印刷された、「窓に大きく移った霊の顔」という写真でした。

表紙の写真とはいえ、まともに霊と顔を合わせてしまったのです。

もう耐えられません。
まだ画用紙貼りが半分ものこっていたのに、私は速攻で荷物をまとめて後ろを見ずに階段を駆け下りました。本をそのままにして。

驚くべき事に、職員室にはまだ一人の同僚が残っていました。
同僚は私がどたどたと職員室に入ってきたのでびっくりしていましたが、私の話で二人で大笑いしました。

この話は、これまで結構子どもたちにしてきました。
こわいけど、あまりこわくない話だと思うんですが、それでもやはり子どもたちにとってはこわかったみたいですね。
だから、ここ10年位はしていません。

教師を30年もしているとこんな話がいっぱいありますよ。

でも、なぜ風でも地震でもないのに、たくさん本がある中でよりにもよって「恐怖の心霊写真集」が床に落ちたのか、それはなぞです。