4月20日

おしっこ!!

 授業中、おしっこがしたくなったら、我慢せずにすぐ私のところに行ってくるように言ってある。そうでないと漏らしてしまうことがある。
 休み時間にまずおしっこにちゃんと行かせるように心がけているのだが、それでも45分持たない子も結構いる。


 とにかくよくおしっこに行く。

 たくさんおしっこしてどんどん大きくなれ!!

だって読みたいんだもん!

 国語。
 黒板に「はるのあさ  ひかりのなか はしれ」と1枚に一文字ずつ書いたひらがなカードを貼り,読ませた。


 はじめは、カード1枚ずつ見せて読ませていた。
 一人一人が怪しくてもみんなで読む声は同じ位の大きさで響いている。
 ぱっと読めなかった事は「な」位のものであった。

 驚いた。
 就学前ひらがな教育が意図的にせよ無意図にせよかなり行われていることを感じた。


 次に一人ひとりに当てて読ませた。


 それから、ひらがなカードを先に挙げ文分になるように並べて読ませた。

 これはしつこく手を変え品を変えなんども読ませた。

 男の子だけ。女の子だけ。1説明の子供だけ。1番後ろの子供だけ…。

 立って読む。座って読む。後に行って読む。黒板の前に行って読む。

 最後に立たせて、、3回読んだ子から私のところに来させて読ませた。

 「よろしい」と言われたら席についてまた読む。

 こうして1人15回から20回は読ませた。


「は・る・の・あ・さ…」となる子もいるが、まだ始まったばかり。焦らない。


 Hくんは、
「一列目の人読んでください」といっても(彼は3列目である)
「女の子だけ」といっても(彼は男の子である)
「1番前の子だけ」といっても(彼は2番目である)いつでも読んでいる。


「エイチ君。君の番じゃないんだよ。」と言ったら

「だって、読みたいんだもん。」と答えた。

 入学したばかりの、勉強に対する初々しい意欲。読める喜び。


 1年を担任したことのない私には出会ったことがない子どもの素晴らしい姿である。

 私もまた頑張る。



 生活科。「学校探検」
 「学校にはどんなところがあるかな?」と、いろいろ言わせていた。
 Tくんが「早く行きたいよー。」と実にタイミングよく叫んでくれたため、その後のグループ作り、探検ワッペン作りがスムーズに行った。


 ありがたい。


IMG_1728