今回は「学力の経済学」からです。

「学力」の経済学
中室 牧子
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2015-06-18



私たちは以前から、自尊心と学力には関係があると言うことは経験的にわかっていました。学力が高い子は自尊心が高いことが多いので、子どもの自尊心を高めようと子どもを褒めたり、成功体験を積み重ねさせたりといったことをよくやっていました。


ところが科学的根拠という視点から見ると、このふたつは相関関係はあるが、決して自尊心が高まると学力が高くなるという因果関係にあるわけではないことがわかりました。


「自尊心と学力の関係はあくまで相関関係にすぎず,因果関係は逆である。つまり学力が高いという「原因」が,自尊心が高いという「結果」をもたらしているのだ。46」


学力が上がるから自尊心があがるのだということが科学的根拠を持って示されました。

私たちがうすうす思っていたことは間違いであることがはっきりしたわけです。


最初にこれを読んだときには驚きました。しかし、科学的根拠があることであるから受け入れざるを得ません。


私たちは、子どもの学力を高めるためには他の方法を探さなければならなくなりました。


しかし、子ども達が生き抜いていくために必要な自尊心は、学力を高めれば高まるのです。それがはっきりしたということは大きな事です。「学力の向上」を目の色を変えて達成しようとしている私たちにとって、それは単に点数が上がるのだというだけでなう、その子どもの未来にかかわる大切な資質を高めることになるのだということがわかったからです。


もうひとつ、おそろしいことが述べられています。

それは、

「悪い成績を取った学生に対して自尊心を高めるような介入を行うと,悪い成績をとったという事実を反省する機会を奪うだけでなく,自分に対して根拠のない自信を持った人にしてしまう 48」


ということです。


「君はもともとできる子なんだから・・・」というようなことを言うと言うことは、負の結果を生んでしまうということです。

自尊心を高めれば学力が上がるどころか、学力を下げることもあるというのです。


子ども達に根拠のない自信を持たせるということは子ども達のためにならないばかりか帰って負の効果をもたらしてしまう。


悪い成績には、よかれと思って自信をつけさせるために励まそうとするのではなく、事実を知らせた上、具体的な改善点と努力のしかたを述べるということが必要だと言うことですね。

Facebookはこちら