6月15日 №45

くにゃくにゃパラダイス その2

先日こいのぼりフェスティバルをやったバスケットコート。その横の第一グラウンドに子どもたちと一緒に出た。


早速ラジカセをつなぎ、音楽をかける。

久保田利伸の「Keep on Jamin'」。レゲエのリズムの楽しい曲だ。とてもノリが良い。誰でも彼でも体がムズムズ動き出してしまいそうな曲だ。


私も一緒に踊りながらフラフープをまわす。とても楽しい。

sydney2ndyear_zukou_006


踊りながら子どもたちの顔を見るとどの顔もくしゃくしゃになっている。髪の毛がふさふさと揺れている。だんだん体が熱くなってきた。


曲が終わり、子どもたちが集まってきた。

「先生。暑いよ!」


これはいける、と思った。

体中を使って踊った後だ。「くにゃくにゃ」の体感をしっかりとつかんだだろう。


「みんな紙を横にして描きたい?縦にして描きたい?」と尋ねた。「縦にする」という答えが返ってきた。自分が踊っているところを大きく描くには縦にするほうが都合が良いのだ。

しかし子どもの「思い」によってはそうとばかりも言えないこともある。大きさについては言わなかったが、ほとんどの子どもが画面いっぱいに描いていた。ちまちました絵ではなく、踊った延長で大きく動かしながら腕を動かしながら描いているように感じられた。


何人か、画用紙を横にして小さく、描いていた。
しかし、これを「小さいからダメだ」と見てはならない。小さいが、こちゃこちゃと人間をいっぱい描いている。子どもたちは「みんなと踊って楽しかったよ」と表現しているのだ。子どもは楽しいとこちゃこちゃと描くものだ。


しかし、これはちまちました絵ではない。ちゃんと絵の中の人物が語っている。小さいが、体に動きがある。「これは誰。これは誰」とちゃんと言えるのだ。大きく描かなくても、ちゃんと自分の思いを表現することができている。これで良い。


孝S君がくにゃくにゃの様子をよく書いていたので、皆に紹介した。浩S君が感心して、自分の絵を見直し、体の動きがもっとよく表れるようにした。


浩S君は、外でやったと言うことを表すためにユーカリを描きたかった。その時、名言を成した。


「先生!ユーカリもくにゃくにゃだ!」


私はいたく感心した。


確かにその通りだ。枝の先がくにゃくにゃになっている。この「くにゃくにゃパラダイス」を外でやるよさはユーカリにもあったのだ。


私は自分で見つけられなかったことをくいた。先に見つけておれば、そこの時間の始めにユーカリを見せて、「あのようにくにゃくにゃに踊ろう!」などとおしゃれな言葉かけができたものを。


しかし、彼が見つけてくれたおかげで、絵がいっそう楽しくなった。「まるで僕を描いてと言っているみたいだ」と言ってユーカリを描き始めた子どももいる。

連絡

●今週は体育の時にマラソンをしてからオープンでの練習をする計画を立てるのですが、今日体操服持ってくるように伝えておりませんでした。申し訳ありません。明日と明後日お願いいたします。

●今日机を回りながら筆箱の中をチラチラと見せていただきました。ほとんどの子供の筆箱に赤鉛筆が入っておりました。ご協力感謝いたします。

●足し算の宿題いかがですか。「いやだ」と思わない程度に無理なく習熟できるよう、色々と工夫しているつもりですが…。