私のメルマガでは,毎週月曜日,Lyustyleの教育論を書いてきました。
次週2018年5月21日月曜日に30回となるのをひとつの区切りとしていったん終わることにしましたので,こちらで以前書いたものから転載していこうと思います。

めるまがは,こちらから登録できます。無料です。解除も自由ですのでどうぞご登録ください。
lala2




#71 まさかの「Lyustyleの教育論1」

 さて,まさかの「Lyustyleの教育論」です。

 急になんだ,と思われそうですが,私はのんきにしてそうでいて,これからの日本の教育ということについても実はいろいろと考えております。

 一応教師ですから,教育についての記事も書くのです。「アシタノレシピ」では,「目からウロコの子育てレシピ」という題で,「今」の子どもの成長についてのさまざまな課題についてどう考えたらいいのかを述べていました。

 さて,ここで考えたいのは,これからの教育はどうなる,というよりも,子どもたちをどのように育てたらよいのか,ということです。

 未来に生きる子どもたちのさまざまな仕事がAIにとってかわられるといわれているのです。そういう時代を生き抜いていくために,子どもたちはどのように成長していったらいいのでしょうか。


 2045年にはシンギュラリティを迎えるといわれています。

 今,12歳の6年生がちょうど40歳になるころです。
 働き盛りの40代である今の6年生の子どもたちは,予測困難な時代をどう乗り切っていったらいいのでしょうか。
 
 そもそも仕事があるのでしょうか。 
 税金を払える国民として生活できているのでしょうか。
 子育てはできているのでしょうか。
 それともますます少子化に拍車がかかっているのでしょうか。
 
 そういう時代において,子どもたちがどのような力を見につけていたらいいのか,ということを考えて,教育政策は作られなければなりません。

 決して,他国に比べて学力のポイントが低かったから,もっと授業の時数を増やそうなどということで行われるべきではないのです。

 また,学校教育もそのことを見据えて行わればなりませんし,家庭教育も同じです。

 「うちの子どもが40代になったとき,どんな世の中になっているんだろう。すくなくとも今と同じ時代ではない。思いもよらないことが必ず起きているはず。その時,うちの子どもはどんな力を身に着けていたらいいんだろう」

 どの大人もそういうことを考えて,子どもを育てていかないといけない時代です。
 そもそも,世界が今の価値基準のままであるという保証はないのです。
  
 というわけで,Lyustyleが考える,今の子どもたちが将来のために身に着けておかなければならない力とはどのようなものかということについて述べていきたいと思っています。
これにともなって、メルマガの内容の整備をして行こうと考えています。
基本的にいかのような感じで。
月曜 教育論
水曜 自由テーマ
金曜 今週目を通した本
週末 今週のジタバタの記録