2017年06月

manabiai

「アクティブ・ラーニング」とありますが,『学び合い』の進め方の本です。

一斉指導がだんだん難しくなっていく今日,「誰一人としてわからない子どもをつくらない」授業を行うには,子どもたちの関係づくりをすすめ,子どもたち同士の学びをコーディネートすることが必要になってきます。

 しかし,これまでの授業のパラダイムからなかなか一歩を踏み出すことができないのもわかります。
 そんな教師の背中を押す本です。
 週イチあたりからゆるく始めてみたらいい。
 それでも子どもたちの人間関係はかわります。
 でも週イチでは学力は上がりません。そのうち,子どもも教師も「いける!」と思ったら一気に舵を切ったらいい。
 そのための始め方の方法が述べられています。

 私も『学び合い』を始めた時,この本にずいぶんお世話になりました。
 課題の作り方から細かに説明してあるからです。

 子どもがかわることは間違いありません。
 学力に結びつけるには,ここから一歩踏み出すことが必要です。









6月15日 No.46

くにゃくにゃパラダイスその3

1人の子が足の所をぐにゃぐにゃの線でいっぱいにした。

見た目には毛糸の玉が解けてもつれたようだ。

「ぐちゃぐちゃにしてしまった」ようにも見える。どれが足やらわからないほどぐにゃくにゃの線がたくさん描いてある。


「これは…」と私が言った時、ありがとても不安そうな顔をした。
怒られるのではないかと思ったのだろう。一生懸命にやった結果、画面がそうなってしまった。
子ども心にとんでもないことになってしまった、と思うほど、先がもつれていた。


私は、このような絵を見たことがある。

何に一生懸命になってこのようにしたのか大体わかった。


ある程度自信を持って彼に聞いた。


「足をいっぱいいっぱい動かした様子を描きたかったんだね?足をくにゃくにゃ動かしたように見せたかったんだね?」


彼は急にパッと顔を輝かせた。


「そうだよ!僕、足をいっぱい動かしたようにしたかったんだ!」


彼の絵を「解読」できたことを私はとても嬉しく思った。
逆に、もし「あらら、大変なことになってしまったね」と言っていたらと思うと背中を冷や汗が走る。


見た目は良くなくても、自分の思いを表すために精一杯の自分の持っている技術を使った。このような絵こそ私を褒めたい。そしてそのような絵に出会うことができたことをうれしく思う。


kunya



一昨日Mayaさんが芝生の上でとてもきれいに色をつけていた(私は「ぬる」と言う表現を好まないので)。
底抜けに明るく、楽しい感じがした。きっととても楽しかったのだろうと思うと、嬉しかった。


M里さんのが傑作だ。楽しんで描いていると思ったら、なんと、ユーカリの木にもフラフープをさせているではないか。

「こんなこと描いたら叱られるのではないか…」などと言ういらぬ心配など全く見られない天真爛漫な気持ちの良い絵だった。

こういう絵をいつまでも見たいものだが、成長するにつれて見えないものは描かなくなっていく。それもまた発達である。


T美さんのは画面に斜めに入っていてとても迫力があった。楽しんで描いていたら、いつの間にか画面からはみだしそうになってしまいました、と言う感じの絵だ。

6月15日 №45

くにゃくにゃパラダイス その2

先日こいのぼりフェスティバルをやったバスケットコート。その横の第一グラウンドに子どもたちと一緒に出た。


早速ラジカセをつなぎ、音楽をかける。

久保田利伸の「Keep on Jamin'」。レゲエのリズムの楽しい曲だ。とてもノリが良い。誰でも彼でも体がムズムズ動き出してしまいそうな曲だ。


私も一緒に踊りながらフラフープをまわす。とても楽しい。

sydney2ndyear_zukou_006


踊りながら子どもたちの顔を見るとどの顔もくしゃくしゃになっている。髪の毛がふさふさと揺れている。だんだん体が熱くなってきた。


曲が終わり、子どもたちが集まってきた。

「先生。暑いよ!」


これはいける、と思った。

体中を使って踊った後だ。「くにゃくにゃ」の体感をしっかりとつかんだだろう。


「みんな紙を横にして描きたい?縦にして描きたい?」と尋ねた。「縦にする」という答えが返ってきた。自分が踊っているところを大きく描くには縦にするほうが都合が良いのだ。

しかし子どもの「思い」によってはそうとばかりも言えないこともある。大きさについては言わなかったが、ほとんどの子どもが画面いっぱいに描いていた。ちまちました絵ではなく、踊った延長で大きく動かしながら腕を動かしながら描いているように感じられた。


何人か、画用紙を横にして小さく、描いていた。
しかし、これを「小さいからダメだ」と見てはならない。小さいが、こちゃこちゃと人間をいっぱい描いている。子どもたちは「みんなと踊って楽しかったよ」と表現しているのだ。子どもは楽しいとこちゃこちゃと描くものだ。


しかし、これはちまちました絵ではない。ちゃんと絵の中の人物が語っている。小さいが、体に動きがある。「これは誰。これは誰」とちゃんと言えるのだ。大きく描かなくても、ちゃんと自分の思いを表現することができている。これで良い。


孝S君がくにゃくにゃの様子をよく書いていたので、皆に紹介した。浩S君が感心して、自分の絵を見直し、体の動きがもっとよく表れるようにした。


浩S君は、外でやったと言うことを表すためにユーカリを描きたかった。その時、名言を成した。


「先生!ユーカリもくにゃくにゃだ!」


私はいたく感心した。


確かにその通りだ。枝の先がくにゃくにゃになっている。この「くにゃくにゃパラダイス」を外でやるよさはユーカリにもあったのだ。


私は自分で見つけられなかったことをくいた。先に見つけておれば、そこの時間の始めにユーカリを見せて、「あのようにくにゃくにゃに踊ろう!」などとおしゃれな言葉かけができたものを。


しかし、彼が見つけてくれたおかげで、絵がいっそう楽しくなった。「まるで僕を描いてと言っているみたいだ」と言ってユーカリを描き始めた子どももいる。

連絡

●今週は体育の時にマラソンをしてからオープンでの練習をする計画を立てるのですが、今日体操服持ってくるように伝えておりませんでした。申し訳ありません。明日と明後日お願いいたします。

●今日机を回りながら筆箱の中をチラチラと見せていただきました。ほとんどの子供の筆箱に赤鉛筆が入っておりました。ご協力感謝いたします。

●足し算の宿題いかがですか。「いやだ」と思わない程度に無理なく習熟できるよう、色々と工夫しているつもりですが…。

6月12日 ナンバー44

自分で動く

算数。
プリントを私のところに持って来させる。
持ってきた後の事まで指示しておかないと、プリントを出した後はてんやわんやの大騒ぎになってしまう。

今日は指示を出していなかったので、あっちでおしゃべりこっちでダンスが始まったが、「僕計算やってるよー」との声。
Yuくんが「計算カード」を出して始めているではないか。
他の子も気づいて席につき計算し始めた。

くにゃくにゃパラダイス 1

以前「こんなことしたよ」と言うことでたんけんの絵を描かせた。
感じた事は、どの子も「ちまちま」した絵を描くと言うことだ。
特に女の子はかなりガチガチのお人形さんに固まっていて、自由な気持ちで楽しく描いていくことができないように思われた。
「鼻をかきたくないよー」と言う女の子もいるのだ。


何とかして我を忘れたようなのびのびした絵を描かせたいと思った。

色々と理屈を考えずに自然に腕が動き、いつの間にか画用紙からはみ出してしまった,そんな絵を描かせたいと思った。


今週「こんな絵をかいたよ」をするにあたって色々と考えた。

「楽しかったことをかきましょう」といっても描けるものではない。

使う色数が少ない、体の動きが描けず気をつけ姿が多い、小さくて表情が表れない、などの実態を…少しは使う色数が多くなった,少しは体をくにゃくにゃに描けた,少しは表情が出たなどに高めるためにはどんな題材が良いか。


強烈に楽しい体験、汗が出るほど体を動かせる体験、きれいだなと感じさせられる体験、そういう体験をさせて絵を描かせると良いのではないか。ではどうすればいいか。


前日の帰りの車の中であれこれ思いを巡らせているときに思いついた。


フラフープをさせよう。


あれはいつも体育でやっている。フラフープを私が持ってくると飛び上がって喜ぶくらい好きだ。みんなかなり上手くなっている時期でもある。

フラフープなら体をくにゃくにゃかなり激しく動かさないといけないし、手も顔もその表情を体感できそうだ。


レゲエの音楽をかけてやってみよう。楽しい気分この上ないだろう。

おまけに、外でやろう。空の青さ、芝生の緑でたくさんの色が使えるだろう。いっそのこと絵に描く自分には好きな服を着せて良いことにしよう。


題材の名も子どもにズバリとつきささるものが良い。「くにゃくにゃパラダイス」と言うのはすぐに決まった。


こうして木曜の図工の時間を迎えた。

sydney2ndyear_zukou_007

6月9日 ナンバー43

祝 皇太子殿下 ご成婚!

30年に1度あるかないかと言う大変な日です。日本は今頃大騒ぎでしょう。

日本にいて一緒にお祝いできないのが残念ですが、今日は子どもたちにお話をしてこちらからお祝いをしました。

子どもたちの「読む」力、一段と伸びる

近頃、子どもたちがぐんぐん読めるようになってきている。
家での音読がかなり奏功しているように思われる。
うまくすらすら読めるのでこちらもどんどん読ませる。


新しい単元「おはようって いい気持ち」など、色々と方法を変えて10回は読ませた。

数多く声に出して読むすることだ。

読む 書く 聞く 話す

国語の時間には、この4つの活動を1時間の中に取り入れるよう留意している。


上述のごとく「読む」は、どんどん力がついている。

「書く」については、字形指導,視写等でこれもぐんぐん上手になってきている。

「話す」については、国語以外での様々な活動を含めて、友達の前で話をすることがずいぶん好きになりつつある。

問題は「聞く」ことである。

入学以来、これだけはほとんど伸びていない。


いや、先生の話はずいぶん聞けるようになっている。(そのように話している)

ここで言うのは、お互いの話を聞きあう、ということである。

自分で動く

「先生、筆箱はどうするんですか。」
しまうんですよ。
「下敷きはどうするんですか。」
しまうんですよ。みんなしまうの。
「ノートは?」
それもしまうの。
「教科書は?」


何でもかんでも聞かないとできなかった子どもたちが、だんだん自分で判断して動くようになってきた。


何も言わなくても次の時間の準備をして遊びに行く。

起立がかかるまで、ノートに字の練習をしている。…etc


こういうことをしばらく発見しつつ、この通信上に記録していこう。

ブロック操作の名人

足し算ブロックを使ってさせている。


式を見てさっとブログを動かして答えを見つけられるようになりなさいと言っている。


「ブロック使い」の名人を育てたいと思っている。

今朝の読売新聞に、学校の校務運営システムに在宅で繋がる、いわゆるテレワークのことが書かれていました。

大阪市教委が2014年に校務運営システム導入とともに始めたことです。
それまでは、通知表や指導要録など、外に持ち出せないために在宅で仕事できず、遅くまで残らねばなりませんでした。

また、子育て中の教師は、遅くまで学校に残れないので、休日出勤を余儀なくされていました。
しかし、家で運営システムにアクセスできることで、退勤を早められるようになだだということです。午後6時には家に帰れるようになった例が掲載されています。


さて、「よかったよかった」と言いたいところですが、実はそうではありません。これは、生活の仕方が改善されただけであって、仕事量の多さが緩和れるわけではないからです。

午後5時以降はプライベートではありませんか。アクセスできるようになったとは行っても、結局仕事はしなければならないんです。赤ちゃんを抱いて。
「よかったよかった」というためには、早く帰れた上で家でも仕事をしなくて済むことが大事なんです。

なぜ?

 それは、教師は人を教育する仕事だからです。人を教育する人は自分を磨き続ける人でなければなりません。5時以降は、そのための時間に使えなければならないのです。
家族との大事な時間をきちんととった上で残る可処分時間で、十分な知的な活動を行う時間が必要なのです。研究、読書、対話、鑑賞。

これらのことが土台になり、私たちは深い教養を持って子どもたちの指導に当たることができるようになります。
寝るまで明日の準備や事務仕事では、教師は自分の成長ができません。

だから、私たちには、午後5時までに全てを終えられる環境が必要なんです。


午後の授業は外注にして、教師は事務や研究に午後を使えるだけで日本に教育は変わります。

人を増やして空き時間を作るだけでも変わります。


そういうことをしなくてはダメです。

アクセスできるようになったということは、家でも仕事をせよと行っているのと同じですから。


とはいえ、まずはここからですけどね。
その点で、テレワークはゴールではなく、第一歩。
まだ、これさえ実現できないところもあるんだから。まずはここから。


鳥取県教委は、校務運営システムを導入した時に「教員の業務は学校で全て終わらせるのが本来の姿だ」としてテレワークを見送ったそうです。

これは逆に素晴らしい。
午後5時で全ての業務を終わらせるために、県としてなんとかする、という覚悟の姿です。(・・・であってほしい。そうでなければ、実体のない単なる筋論で、「業務を改善して早く帰れ。でも仕事は全部終わらせてから帰れ」と行っているに等しいからです」

6月7日 ナンバー41

ノート

近頃授業中に次のような子どもたちの声を聞くことが多い。


○「先生!もう、ノートをこんなに使ったよ!」


自分の、この2ヶ月の学習の後しみじみとかみしめているのだ。


○「えー!もったいないよ。」


算数は、右側が何マスも余っていても次のことをやるときには必ず下の行から始めさせる。その時の言葉である。


「ノートは空いているところにどこにでも書いて良いのではない。」ということを今からしっかりと教えていきたい。


子どもを見ていると驚くのだが、上の学年へ行っても放っておけばとんでもないところから書き始める。
「順番にページめくって」とか
「1番上から」
とかいった大人の常識が彼らには約束事としてなかなか受け入れられない。
だからこそちゃんと教えておきたい。



算数のノートは横10マスである。


「1 +1 = 2」で5マスだから、右にもう一つ書けるわけだ。だから1番下まで書いた子どもは、今度はページを変えずに同じページの右側の開いたところに書こうとする。


その結果このページの第1行目は次のようになる。


IMG_1821


これは避けたいので、次のページに,と言うことになる。


「▼」のところにたてに赤線をひかせてから1ページにぎっしりと書かせる実践もあるが、2桁になるとできないし、①などと問題番号をつけさせるとマスが足りなくて使えない。


それより空白を作りながら,あえて次の行へと進ませて言ったほうが、後々ノートの使い方の習熟へつながる。第一見やすい。



しかし、「もったいない」と言う子どもの感覚には感心し、驚いた。


「後から、前のページをめくってみて空いている場所は邪魔にならない程度に字の練習に使ってごらん」と言う意味のことを言っておいた。

かっぱ

かっぱ かっぱらった

かっぱ らっぱ かっぱらった

とってちってた


ご存知、谷川俊太郎さんの「ことばあそびうた」から。


促音「っ」の学習をしたので、子供たちに教えた。「っ」の嵐のような歌である。


一生懸命にお家の方に教えようとした子もいるだろう。

まず暗唱させて、できるようになってから朝学習の時間なりを使って視写させてみようと思う


ところで今度、下のようなプリントを作った。そのうちにおうちの方と一緒にやってもらおう。(先に学校でやるが…)

IMG_1816



「□っ □」はたくさんあるので、色々とお話ししながら探していただくわけであるが、「っ」が頭に来ているものも中に入れている。「そんな字はないんだ」ということに気づかせるため。第一発音できない。


「っ」が最後に来ているものは、声ならあるだろう。「あっ」とか「めっ」など。


これ、終わったらぜひ手を叩きながら一緒に読んでいただきたい。

「ねっ」「こ」ではなく「ね」「っ」「こ」。


みっつの字でできている言葉だ、とい意識づけるため。

IMG_1817

操作を通して…

うちの子が、先週「お父さん、ぼく,足し算できるよ」と言って「5 +3 = 8」とか「2 +3 = 5」などと言っていた。


「なんで知ってるのさ?」
と聞くと
「『ようちえん』にのっとう(「のっている」の博多弁)と言う。


「偉いなぁ。ところで、2 +3っで一体どんなこと?」と聞いた。

「よくわかんないよ。」



就学前の子どもの知っている「足し算」はここどまりであろう。
数字の扱いはできているが、数そのものを扱えているわけではない。また、生活の中の事象に置き換えて説明できるわけではない。


そのようなことができるようになり、「数の概念」をより確かにしていくのが1年生の算数である。


例えば2 +3 = 5であるが、答えを出すだけなら、指を使って幼稚園の子でもできる。

意味が言えないといけない。


「1 +2」とか「4 +3」などと見せられてぱっと答えが出てくる子が何人かいるが、ここは、じっくりとブロックを操作させながらやる。
数を扱えるようにするため。


焦らない。

IMG_1812


「そ」まで指導

先週で、「そ」まで指導し終えた。ここまでで、全員が正しい形で、そして「はね」「とめ」「はらい」などを正確に書ける字は次の通り。


「き」「く」「こ」「さ」「せ」。


これらに,一つ共通点がある。

それは「はらい」が含まれていないということだ。


「はね」「とめ」は容易だが、「はらい」は書きながら徐々に力を抜いていくと言う高度な筋肉の働きが要求されるため、できない子どもが多い。


書かせてみると、自分ははらっているつもりなのに、力を抜いたと思えば運筆もストップしているので「とめ」のように見えるのである。

前にも書いたように、これはすぐにできると言うものではないので、ひたすら練習である。

これができるようになった時、全員の子どもがすべてのひらがなを正しい字形で書けるようになっていると思う。


「い」は「はらい」はないが、右側が長くなる子供がいる。同じく「はらい」はないが、形がまだおかしいものには


IMG_1811

がある。

正しい字形と美しい字

字形が正しければ美しい字になっていくもんだと思う。


ここで言う「字形」とは、「とめ」「はね」「はらい」、それから、点画の長短や方向を正しくすることを行っている。


字形には、2年以降、点画を交わらせる位置に気をつけることや、漢字の組み立て方に気をつけて書くことなど年を追って出てくることになるが、この1年における「とめ」「はね」「はらい」を丁寧に書くことができておれば、「整えて書く」ことが身に付きやすいように思われる。


例えば「そ」の字。一画一画をちゃんと折り、終筆の「とめ」ができることが必要だ。


ただそれができていても「*(下に図示)」のように中心からずれる子がいる。

IMG_1813


しかし、そのことはその都度教えはするが、あまりうるさくは言わない方がいいかもしれない。


このように「整えて書く」と言うことは、「か」のように、左と右に書くと言うようにすぐにできやすいものとは別に、手の運動能力や感覚によるものがある。


それらは「とめ」「はね」「はらい」などを大切に書いている、ということでよしとしたい。美しさは

後からついてくる。


後はプリント、書き方の時間等での指導で行っていく。



●さて字形を整えて書くということを意識したひらがなプリントを作ってみました。

今日の宿題プリントがそれです。

「●」は始筆や「折れ」の位置、「○」は「はらい」を示しております。

子どもさんの様子を見られてのご意見をお待ちしております。

指示が通らない


IMG_1806

月曜(10日)は、ことのほか,指示が通らない日であった。やはり2日の休み明けと言うのはそんなものか…!?

2時間目の国語。今日は「あいうえお かきくけこ」を書けるかどうかワークシートを使ってテストをしてみたわけであるが、このワークシートの「どこ」に「何を」書くかと言う指示だけで5分近く要した。


「プリントの一番こちら側…。ここですよ。指で押さえてごらん。
はい,君。先生を見て。わかりますか?ここですよ。
あれ、◯◯君は友達の見ないで先生の見るんですよ。
ここです。ここに「あいうえお かきくけこ」と書くんですよ。
◯◯君、言ってごらん。
ここに何書くの?
あれ、言えない。
手遊びをしていたね。持ってるものをおいて。
ここに、「あいうえお かきくけこ」を書くの。できるかな。
では書いてください。」


「先生。何書くの?」


「わああああああああ・・・・」頭をおさえる私。(←脚色)


今日は、特にすごかった。火曜日には、また元のペースに戻っていることだろう。

「あいうえおかきくけこ」

書かせた後、「か」の事についてだけチェックした。


あの授業によりどれだけの子どもが正しい「か」を書けるようになったか…。


18人中15人である。三人はがんこ者である。「*(前回の記事の参照図 右側)」と書いていた。

ka

読めるからいいとは言え、正しい字形であるとは言えない。

四ツ葉のクローバー

生活科で、「遊びに行っちゃぁいけない場所」の学校探検をした。校庭のすみっこと、まわりである。

ここにはデューティー(注)の教師の目が届かないので遊んじゃぁいけないことになっている。


ところが、驚いた。
入学後1ヵ月の子供たちの遊び範囲は、なんといつの間にかここまではよ広がっていたのだった。


例のバーベキューごっこもここ,土手の裏で行われていたのであった。何やら怪しい儀式のあとか祭壇があるなと思っていたら、それがバーベキューごっこの現場であった。


ひとしきりそこで遊ばせてから、ここには明日から遊びに来てはいけないことを告げた。


クローバーがたくさんある所で四ツ葉さがしをした。結構あるかと思ったがなかなかない。「見つけたら通信に載せててあげるよ。」と言うと必死になって探していたが、とうとうK二君が見つけた。
それも珍しい五ツ葉だった。


クッカバラ(注)が二羽見ていた。



今日は,解説をします。

「デューティ」とか「クッカバラ」など謎の言葉が出てきますね。


「デューティ」とは,「プレイグラウンド・デューティー」のことで,教師に課せられた休み時間の校庭での見守りの事です。


私が初めて1年生を担任したこの学校は,海外日本人学校で,オーストラリアのシドニーにありました。当時すでに裁判社会に突入していたオーストラリアでは,教師が見ていないところで子どもが遊んでいてケガをしたら,学校の責任で裁判をされることがあったので,教師が交代で見守るようになっていたのです。


たまたま私が見守りにあたっていた日,遠くの雲梯で子どもが落ちました。当然助けに行けるような距離ではなかったのですが,「見ていた」という事実があったため,訴えられるのを免れた,という話をあとから聞いたことがあります。



「クッカバラ」というのは,30cmほどもある大きな大きなワライカワセミのことです。

こんなのです。

cb2


庭先によく飛んできて,ものほしにとまり,けらけら泣いていました。


下で紹介している本に,詳しく書いていますので,どうぞご覧ください。

↑このページのトップヘ