いよいよ新年度が始まります。
 保護者には、学級通信で私のプロフィールを紹介するといです。

 保護者は、「ねえ、どんな先生なの?」と帰って来た子どもに聞くので、先にこちらからアピールしておきます。

 できればユーモアたっぷりに書いた方が、後から話題になったりして受けが良かった印象があります。

 内容としては、

名前と読み方

 名前にまつわる由来などがあればもっといいです。覚えてもらえます。
 この市に二人しかいないとか
 歴史上の人物の末裔であるとか(嘘とはっきり分かるように書くのもよし)

年齢

 いくつくらいの先生なのかは結構きになるものですので、先に教えます。
 開いてくれる先生なんだなーという印象を持ってもらうことができます。

これまでの担任歴

 何年ほどの経験なのか、この学年を何度くらい持ったことがあるのか。
 初めて担任する学年でも堂々と書きます。
 私たちは、教員免許を持っている以上、どの学年でも担任できるのです。

 新任でも自信を持って「担任経験はありません!しかし、この子どもたちは、私にとって最初の教え子さんたちです」と書いたらいいです。
 新任かどうかを気にする人はいますが、どうせわかるのです。むしろ、若々しさと前向きなイメージを出しておくと安心してもらえるでしょう。
 教師人生で一度しか書けないことです。

学んできたこと 専門

 これは教師の専門職としてのアピールです。算数の教科を研究してきたとか、学級集団づくりについて学んでいるとか。新任なら、大学なり養成所なりでのテーマを書くといいでしょう。
 私は、専門家なのだという意識を新たにすることもできます。
 専門家として学び続けているからこそ、人に教えると言うことができるのですから。

この子たちとのかかわり

 これまで、委員会活動やクラブ等を通して何らかのかかわりがあれば、その印象を書きます。

 自分の子どものことを前から知ってくれている人が担任になったということは保護者にとって安心のポイントになります。

好きな言葉とか、取り組んでいるとととか、夢とか

 親しみを持ってもらう意味で、調味料的

に。 


 だいたいこんなところでしょうか。
 相手にまず「知ってもらう」。そのためのアピールです。
 「きっと、どんな担任が心配されてるだろうな。安心してもらいたいな。」
 そんな気持ちで書くといいと思います。

 さあ、新学期。
 忙しいですが、子どもの前では元気いっぱいに、みずみずしくいきましょう!

IMG_4638