Lyustyleの教育ちゃんねる

2018年05月

私のメルマガでは,毎週月曜日,Lyustyleの教育論を書いてきました。
次週2018年5月21日月曜日に30回となるのをひとつの区切りとしていったん終わることにしましたので,こちらで以前書いたものから転載していこうと思います。

めるまがは,こちらから登録できます。無料です。解除も自由ですのでどうぞご登録ください。
lala2




#71 まさかの「Lyustyleの教育論1」

 さて,まさかの「Lyustyleの教育論」です。

 急になんだ,と思われそうですが,私はのんきにしてそうでいて,これからの日本の教育ということについても実はいろいろと考えております。

 一応教師ですから,教育についての記事も書くのです。「アシタノレシピ」では,「目からウロコの子育てレシピ」という題で,「今」の子どもの成長についてのさまざまな課題についてどう考えたらいいのかを述べていました。

 さて,ここで考えたいのは,これからの教育はどうなる,というよりも,子どもたちをどのように育てたらよいのか,ということです。

 未来に生きる子どもたちのさまざまな仕事がAIにとってかわられるといわれているのです。そういう時代を生き抜いていくために,子どもたちはどのように成長していったらいいのでしょうか。


 2045年にはシンギュラリティを迎えるといわれています。

 今,12歳の6年生がちょうど40歳になるころです。
 働き盛りの40代である今の6年生の子どもたちは,予測困難な時代をどう乗り切っていったらいいのでしょうか。
 
 そもそも仕事があるのでしょうか。 
 税金を払える国民として生活できているのでしょうか。
 子育てはできているのでしょうか。
 それともますます少子化に拍車がかかっているのでしょうか。
 
 そういう時代において,子どもたちがどのような力を見につけていたらいいのか,ということを考えて,教育政策は作られなければなりません。

 決して,他国に比べて学力のポイントが低かったから,もっと授業の時数を増やそうなどということで行われるべきではないのです。

 また,学校教育もそのことを見据えて行わればなりませんし,家庭教育も同じです。

 「うちの子どもが40代になったとき,どんな世の中になっているんだろう。すくなくとも今と同じ時代ではない。思いもよらないことが必ず起きているはず。その時,うちの子どもはどんな力を身に着けていたらいいんだろう」

 どの大人もそういうことを考えて,子どもを育てていかないといけない時代です。
 そもそも,世界が今の価値基準のままであるという保証はないのです。
  
 というわけで,Lyustyleが考える,今の子どもたちが将来のために身に着けておかなければならない力とはどのようなものかということについて述べていきたいと思っています。
これにともなって、メルマガの内容の整備をして行こうと考えています。
基本的にいかのような感じで。
月曜 教育論
水曜 自由テーマ
金曜 今週目を通した本
週末 今週のジタバタの記録
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

 学校では、「背筋を伸ばす」「足をちゃんと床につける」「まっすぐ目を見てお話を聞く」など、緊張させることはたくさんするのに、力を抜かせることを教えません。緊張は大事ですが、緊張したら解放するということも同時に行うことで心も体もバランスが取れるのだと思います。

 だから、僕は、よく学校でリラックスさせる様々なことをやってきました。
 それを紹介したいと思います。

ラクガキ


 私のブログで何度も書いているラクガキです。
 リラックスさせるために行います。
 絵描き遊びもよくやりました。「迷路」「なにがなんだかわからないもの(何かわかってはいけない)」
 うずまき。ゼンタングルのようなパターンのある模様。
 こういうのは、やっているうちに没入しますので、大人にもオススメです。
 わたしの「リラックスノート・メソッド」はおとなの落書きのようなものです。 
 わたしのめるまが「知的迷走通信」の登録2週間目のプレゼントとして電子書籍版のダウンロードをしていただいています。


絵手紙


 ラクガキをやっていると、絵でお話を書いて持ってくることがあります。


マインドマップ


 授業でマインドマップの書き方を教えておくと、テストの後などの隙間時間にお題を与えてマインドマップなどを描かせることができます。
 子どもたちはこのようなことが大好きです。
 はまって、描き続けます。


雨降り文庫


 雨が降った日の昼休み、「雨降り文庫やるよー」と言って、図書室に子供達を誘います。
 集まってきた子供達を図書室の角に集め、わたしが読み聞かせ、語りきかせをします。
 寝そべって聞いてもいいのです。
 子どもたちはうっとりとお話を聞きます。聞くのが好きなんです。
 こちらもリラックスできますよ。

 その他,肩の上げ下ろし,ストレッチなどもあります。

 以上,教室にリラックスを持ち込むためのいくつかのことでした。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

 子どもが教室でとびはねていたり、ろうかを走っていたりします。
 すると、私たちは「静かにしなさい!」とか「走ってはダメ!」などと注意しまよね。

 ですが、当の本人にはまったく聞こえていないことがあります。
 教師の注意などとこふく風。
 飛び跳ね続けたり、止まらずにどこまでも走っていったりします。

 でも、決して言うことを聞くつもりがないわけではありません。

 自分が走っているとか飛び跳ねているなどの感覚がないから、教師の声がまったく耳に入らないのです。

「先生、なに大声で叫んでるの???」という感覚です。

 ですから、まずは子ども自身に、今、自分がどんな状態にあるのか気づかせてあげないといけません。

 走っている子どもに「今、走っているんだよ。気づいている?それが走っているということなんだよ」と気づかせるとうことです。
 教師の言う「走る」という言葉と、実際に自分が走っている時の感覚。
 これを結びつけてやることで、子どもはやっと走っている自分の感覚に気づくことができるんです。


「腕をまっすぐ伸ばしなさい」
 そういっても子どもは伸ばしません。
 でも、やる気がなくてだらっとしているのではなくて、自分の腕が曲がっていることに気づいていないんです。自分は真っ直ぐに伸ばしているつもりなのです。

 いや、そんな子どももいますよ。でも多くの子どもは一生懸命にやってるんです。

「腕を水平になるまであげなさい」も同じです。
 180度どころか、120度程度の開き具合までしかあげられない子どもがいます。
 これも同じように自分の腕が水平になっている状態への気づきがないのです。
 
 ひじに手を添えてあげてそっと曲げ、「ほら、肘が曲がっていたでしょ。のばすっていうのはこんな感じになることだよ」という指導が必要です。

 同窓会の時、大人になったその時の子どもから、「あの時、先生が肘を持ってまっすぐにしてもらって初めて曲がっていることがわかった」と聞いたことがあります。

 子どもの自分の体への気づきというのはそのようなものですよね。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

このページのトップヘ